株式会社トノックス|神奈川県の特装車工場

  • 会社概要
  • お問合せ
  • 特殊車両
  • 塗装
  • レーザー計測
  • レストア

⽇産シルビア 〜その歴史と⼈気の秘密〜⑤ | 特殊⾞両・レストアならトノックス

トノックスは昭和23年横浜市にて創業当初、⽇産⾃動⾞(株)の委託を受け全網製⾞体を試作・完成、昭和25年には⽇産⾃動⾞(株)の協⼒⼯場として⾃動⾞⾞体を製作開始いたしました。昭和38年より初代⽇産シルビアの⽣産に携わっております。
当社にとって思い⼊れの深い「⽇産シルビア」の⾊褪せない魅⼒と秘密について迫りたいと思います。

トノックス工場でのレストアのようすトノックス工場でのレストアのようす


1.競技の世界での活躍

1988年 サファリラリー仕様⾞1988年 サファリラリー仕様⾞( Wikipedia より)


スポーツ⾛⾏に向いた⾞体で、⾛り屋に⼈気となったS13型、S14型、S15型シルビアは、競技の世界でもさまざまな活躍をしています。
スーパーGT(※1)の前⾝であるJGTCには、歴代シルビアをベースとしたレーシングカーが出場していた実績があります。また、もっとも多くのシルビアが活躍したのはドリフト競技(※2)の世界です。

シルビアは、⾞⾼調整とLSD(※2)を組めばすぐにでもドリフトすることができるほどの素性の良さがあり、いまでもミニサーキットなどで実施されているドリフト系⾛⾏会では、じつに8割以上がシルビアということがあるほどです。

※1…⾼性能な乗⽤⾞であるGTカーをベースにしたレーシングカーで⾏われる⾃動⾞レース。2004年まで全⽇本GT選⼿権(JGTC)として開催されていましたが、2005年からFIA公認の国際シリーズとなりました。⽇本のレースシリーズ戦では破格の⼈気を誇り、国内外から注⽬されています。

GT(グランツーリスモ)カーは本来、⻑距離ドライブに適う⾼いパフォーマンス及び⾼いラグジュアリー性を有する⾞種という意味でしたが、過去ヨーロッパでの⾃動⾞レースにおいて過激な性能競争を避けるため、参加⾞両規定を当初のレース専⽤⾞両から⼀般の箱型⾼性能ロードカーベースへ変更することが多く⾏われた経緯により、現在はGT=レースにも参加する⾼性能⾞種もしくはすぐれた⾛⾏性能を持つロードカーという新しい意味が、⾃動⾞メーカーの販売政策・宣伝共にマッチし定着しています。

ポルシェによるドリフト⾛⾏ポルシェによるドリフト⾛⾏( Wikipedia より)


※2…ドリフト競技とは、ドリフト⾛⾏(drifting)⾃動⾞や⼆輪⾞における⾛⾏⽅法の⼀つであり、タイヤを横滑りさせながら⾛⾏させるテクニックを競い合う競技のことです。「ドリフト」とは英単語の”drift”(漂う)を語源としています。

スポーツとしてのドリフト⾛⾏の最⼤の特徴は、他のモータースポーツが原則として全て「⼀定のコースをいかに速く⾛るかを競う」のに対し、「速さもさることながら、ドリフト⾛⾏中の姿勢など美しさを総合的に競う」採点競技である点にありま
す。そのため競技者の優劣の判断は審判による判定により⾏われるのが⼀般的であり(D1GPなど⼀部機械式の採点を導⼊しているシリーズもある)その意味で他のモータースポーツをスピードスケートに例えた場合のフィギュアスケートになぞらえられることも。

スポーツとしてのドリフト⾛⾏が確⽴してまだ⽇が浅く、審判の採点基準はシリーズによって⼤きく異なっているようです。


※3…LSDとはリミテッド・スリップ・デフの略で、差動を条件に応じた制限を持たせたもの。デフロックと同じく駆動輪に空転が発⽣すると路⾯に駆動⼒が伝わらなくなってしまうデフギアの⽋点を防ぐものです。デフの差動を⽌めてしまうデフロックでは旋回性能が低下するため、必要な時にのみ差動を制限するよう考案されました。

差動制限の⽅式により、⼤きく分けて「トルク感応式」「回転感応式」「アクティブ制御式」の3種類に分類されます。


2.ドリフト競技での快挙

ドリフト競技の最⾼峰ともいわれているD1グランプリシリーズでは、19年の歴史のなかで8回、兄弟⾞種の180SXも含めると10回もシルビア系の⾞種がチャンピオンを獲得しています。

シルビアの兄弟⾞種 ⽇産・180SXタイプX(後期型)6代⽬ ⽇産・シルビアS14後期型( Wikipedia より)


中でもD1ライツシリーズで活躍する岩崎沙織⾥選⼿のS13 型シルビアは、180SXのフェイスに交換した外装となっています。
この外装は⽇産⾃動⾞製の乗⽤⾞シルビアのフロント構成部を、同じく⽇産⾃動⾞製の乗⽤⾞である180SXのフロント構成部品に交換したものですが、この改造モデルは、異なる⾞種でありながら、それぞれの構成パーツにおいて互換性が⾼く、流⽤が容易に⾏えるのが特⻑です。この特徴をうまく利⽤したのが通称「ワンビア」と呼ばれる仕様で、⼀部の愛好家に⼈気のようです。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか︖

以上5回にわたって、初代から7代⽬までの歴代モデル及び、現在もなお形を変えてスポーツ⾛⾏やドリフト競技の世界で愛され続ける「⽇産シルビア」の歴史と変遷をご紹介いたしました。

背景にある様々な若者⽂化と時代の移り変わり、デザイン性能の試⾏錯誤、隠れたストーリーや活躍の様⼦までも浮かび上がってきたように感じます。

トノックスでは、クラシックカーのレストアを⾏っております。トノックスの前⾝である㈱殿内製作所では⽇産⾃動⾞の試作及び量産メーカーとしてCSP311初代シルビアを担当しました。
当時の技術と歴史を受け継いだメカニックが、お客様のご要望に応じた形でクラシックカーの美しい姿を蘇らせます。

レストアにつきましては、お⾞の⾞種、状態、復元の度合い、交換部品供給の有無などにより、費⽤も⼤きく変わります。
先ずはお気軽にご相談下さい。

トノックスではレストアを承っておりますトノックスではレストアを承っております