株式会社トノックス|神奈川県の特装車工場

  • 会社概要
  • お問合せ
  • 特殊車両
  • 塗装
  • レーザー計測
  • レストア

⽇産シルビア 〜その歴史と⼈気の秘密〜③ | 特殊⾞両・レストアならトノックス

トノックスは昭和23年横浜市にて創業当初、⽇産⾃動⾞(株)の委託を受け全網製⾞体を試作・完成、昭和25年には⽇産⾃動⾞(株)の協⼒⼯場として⾃動⾞⾞体を製作開始いたしました。昭和38年より初代⽇産シルビアの⽣産に携わっております。
当社にとって思い⼊れの深い「⽇産シルビア」の⾊褪せない魅⼒と秘密について迫りたいと思います。

トノックス工場での塗装のようすトノックス工場での塗装のようす


1.歴代シルビアの変遷とその姿

前回は、トノックスが⽣産に携わった初代シルビアの後に、⼤きくコンセプトを変更して⽣産・発売された2代⽬シルビアと、昭和54年(1979年)3⽉に発売され記録的な⼤ヒットを収めた、3代⽬シルビアについてご紹介しました。
その後、爆発的ヒットと伝説的な根強いファンを⽣んだ5代⽬まで、シルビアはどのように変化して⾏ったのでしょうか︖
今回は4代⽬・5代⽬のシルビアについて触れていきます。

2.4代⽬S12型(昭和58年 – 昭和63年)

4 代⽬ ⽇産・シルビアS12 型 クーペ 前期型 RS-X4代⽬ ⽇産・シルビアS12型 クーペ前期型RS-X( Wikipedia より)


昭和58年8⽉、発売が開始された4代⽬シルビアは、このモデルからリアサスペンション(路⾯の凹凸を⾞体に伝えない緩衝装置と、⾞輪・⾞軸の位置決め、⾞輪を路⾯に対して押さえつける機能で、乗り⼼地や操縦安定性などを向上させる機構)がセミトレーリングアーム(※3)の独⽴式となり、また、リトラクタブル・ヘッドライトが採⽤されました。

機能⾯では、⽇本初のチルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフが搭載されたのが
特徴的でした。

ボディタイプは2ドア・ノッチバック(※5)と3 ドア・ハッチバック(※6)の⼆⾞種で、センターピラーを持つようになったためノッチバックボディは「ハードトップ」から「クーペ」に名称が変わりました。
昭和63年(1988年)に⽣産終了しました。

ノッチバッククーペの例︓⽇産・GT-Rノッチバッククーペの例:⽇産・GT-R( Wikipedia より)
※3…セミトレーリングアーム※3…セミトレーリングアーム( Wikipedia より)


※3…セミトレーリングアームとは⾃動⾞の独⽴懸架⽅式のひとつ。スイングアームが⾞軸の前⽅に配置され、スイングアームのピボット軸が⾞両の進⾏⽅向に対して斜めに配置された形式。

※4…ノッチバックとは⾃動⾞の形状スタイルによる区分で「3ボックス形」とも呼ばれます。セダンの⼤部分やクーペの⼀部で、キャビンとトランク部分(ラゲッジスペース)の区別がはっきりした外観の型の乗⽤⾞の総称です。(明確な分類の基準はない)

※5…ハッチバックとはボンネット付きの⾞種のうち、全⻑が短い、あるいは⾞⾼が低いなどの理由でトランクや⾞室の容積が⼩さくなりがちな⾞種において、⼤きい荷物や⻑物の積み下ろしを楽にし、⾃動⾞の利便性を⾼めるための⼿段として、跳ね上げ式、または横開き式のバックドアを設けた⾞種を、船などの「ハッチ」に⾒⽴てたことに由来する呼び名です。


3.5代⽬ S13/KS13型(昭和63年〜平成5年)

5 代⽬ ⽇産・シルビア S13 型クーペ5代⽬⽇産・シルビアS13型クーペ( Wikipedia より)


昭和63年5⽉、発売された5代⽬シルビアは、歴代シルビアの中で最も販売台数が多い約30万台を販売しました。この数字は、若者に⼈気だった「デートカー」のジャンルとして爆発的な⼤ヒットとして記憶され、5代⽬シルビアは「デートカーの代名詞」となります。

このシルビアは当時としては未来的なデザインで、CMや雑誌広告のコピーで「アートフォース・シルビア(ART FORCE SILVIA)」と表現され、昭和63年(1988年)10⽉、昭和63年度の通産省選定グッドデザイン⼤賞を受賞、同年12⽉、’88〜89年⽇本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

そのシルエットから⼥性⼈気を集めただけでなく、すでに希少な存在となっていたFRのスポーティークーペであることから、⾛⾏を重視する男性層の⽀持も得ることとなりました。⾜回りには新開発のリア・マルチリンクサスペンション(※6)が採⽤されていました。
また数少ない⼿頃な価格の後輪駆動⾞であり、特にターボ⾞はパワーが充分でスポー
ツ⾛⾏にも適した設計であったため、アフターマーケットにおいてスポーツ⾛⾏⽤の様々な改造パーツが開発され、特に⾛り屋の若者を中⼼に⼤きな⼈気を博しました。

次第にサーキットや峠などで⾛るための⾞として使⽤されることが多くなり、その後のシルビアのドリフトカーとしての活躍を匂わせる現象を巻き起こしました。
平成5年(1993年)10⽉、S14型シルビアの登場に伴い販売を終了しました。

※6…マルチリンクサスペンションとは、⾃動⾞⽤サスペンションの形式の⼀つで、4本以上の運動⽅向に拘束がない⾃在アームを三次元に配してアップライトを⽀持する構造のことです。特にリア・マルチリンク式は独⽴式のため、段差を越えた時のショックが伝わらないことで乗り⼼地が良好になり⾼級感を演出するだけでなく、ハンドル操作のポテンシャルも向上しました。