株式会社トノックス|神奈川県の特装車工場

  • 会社概要
  • お問合せ
  • 特殊車両
  • 塗装
  • レーザー計測
  • レストア

⽇産シルビア 〜その歴史と⼈気の秘密〜④ | 特殊⾞両・レストアならトノックス

トノックスは昭和23年横浜市にて創業当初、⽇産⾃動⾞(株)の委託を受け全網製⾞体を試作・完成、昭和25年には⽇産⾃動⾞(株)の協⼒⼯場として⾃動⾞⾞体を製作開始いたしました。昭和38年より初代⽇産シルビアの⽣産に携わっております。
当社にとって思い⼊れの深い「⽇産シルビア」の⾊褪せない魅⼒と秘密について迫りたいと思います。

初代日産シルビア(トノックス工場にて)初代日産シルビア(トノックス工場にて)


1.歴代シルビアの変遷とその姿

トノックスが⽣産に携わった初代シルビアから爆発的なヒットとなり「デートカー」の代名詞として語られることとなった5 代⽬シルビアまで過去3回にわたってご紹介してきました。
今回は平成5年(1993年)10⽉発売、⼤型化したボディサイズが不振となった6代⽬シルビア、平成11年(1999年)1⽉に発売され平成14年に⽣産が終了、最後の代となった7代⽬シルビアについて触れていきます。

2.6代⽬S14型(平成5年 – 平成10年)

6 代⽬ ⽇産・シルビアS14 前期型6代⽬ ⽇産・シルビアS14 前期型( Wikipedia より)


平成5年(1993年)10⽉発売された6代⽬シルビアは、プラットフォームは先代の流⽤でしたが、ボディサイズは拡⼤され全⾞3ナンバーとなりました。

スペシャルティ市場がRV等に押されていた時期と重なったことと、ボディが⼤型化されたこと等により軽快感が失われたこともあり、若者の⼈気を得られず販売台数が減少、中古⾞の⼈気も当初は低迷しており、S13型の中古⾞価格が⾼騰した時期がありました。

エンジンは⾃然吸気、ターボ共に改良され、SR20DE型は160PS、SR20DET型は220PSにパワーアップし、先代の⾃然吸気はレギュラーガソリン仕様だったが、ハイオク仕様に変更されました。。

6代⽬ ⽇産・シルビアS14後期型6代⽬ ⽇産・シルビアS14後期型6代⽬ ⽇産・シルビアS14後期型( Wikipedia より)



平成8年(1996年)6⽉、後期型へマイナーチェンジを⾏い、曲線の多かった前期型からヘッドランプを⾓ばった、いわゆる「ツリ⽬」の形状にするなど、主にフロント周りのデザインを⼀新、全体的にシャープなデザインの外観に変更しました。
愛好者からは前期型を「たれ⽬」、後期型を「吊り⽬」と区別されています。

前期型と同様、S13型と⽐べて⼤型化したボディサイズに対する先⼊観が尾を引き、⼀般市場では不評のまま終わったようです。
それでも、シャープな印象の後期型は前期型に⽐べれば⼈気が⾼く、中古⾞価格も⽐較的⾼いようですが、前期型の柔和なスタイルを好むファンもいるようです。

平成10年(1998 年)に⽣産終了となりました。

3.7代⽬S15型(平成11年〜平成14年)

7代⽬ ⽇産・シルビアS15型 オーテックバージョン7代⽬ ⽇産・シルビアS15型 オーテックバージョン( Wikipedia より)


平成11年(1999年)1⽉発売開始された7代⽬シルビアの最⼤のトピックは、S14型で拡⼤されて不評だったボディサイズを、再び5ナンバー枠に戻し⼩型化したことでした。
また、S15型では左ハンドル仕様が開発されなかったため、欧州向けや北⽶向けには輸出されず、オーストラリアとニュージーランド向けが少数輸出された他、中古⾞がイギリスに渡っています。

スタイル上の最⼤の特徴は、サイド⾯のプレスラインがリアフェンダー、リアトランクにかけて徐々に絞り込まれる「深絞りプレス成型」を採⽤したリアフェンダーであることです。ヘッドライトはボンネットに回り込んだ「吊り⽬」デザイン、テールランプもトランクに回り込んだ⼤型のものが採⽤されました。

7代⽬ ⽇産・シルビアS15型 ヴァリエッタ7代⽬ ⽇産・シルビアS15型 ヴァリエッタ( Wikipedia より)


平成14年(2002年)1⽉24⽇に最終特別限定⾞「Vパッケージ」を発売開始。

専⽤フロントシート・ドアトリム⽣地、MD・CD⼀体型電⼦チューナーラジオ、プライバシーガラス、キセノンヘッドランプなどを標準装備しつつ、価格を従来と据え置きで販売するスペシャルエディションでした。
同年8⽉、折からのスポーツカー販売不振や、平成12年の排ガス規制の影響を受け⽣産終了となりました。

これによりシルビアは1975年の復活から27年(初代と2代⽬の間に挟まれた中断期間を⼊れて37年)の歴史に幕を閉じました。

販売台数は43,097台、販売期間は僅か3年7ヵ⽉と歴代モデルでは最も短いものの、派⼿なデザインと⾼い⾛⾏性能ゆえに、現在も愛好家が多いことで知られているモデルです。

4.シルビアの現在

歴代シルビアのなかでも、最も販売台数が多いのがS13型ですが、昭和63年(1988年)から平成5 年(1993年)にかけて発売されたこのモデルは、デートカーとして20代から30代の若者たちを中⼼に爆発的⼈気となりましたが、ターボエンジンでFR(フロントエンジン・リアドライブ⽅式の略)レイアウトといったパッケージは、スポーツ⾛⾏にも適していたため、アフターパーツメーカーによってさまざまなチューニングパーツが開発され、⾛り屋と呼ばれる層にも⼈気の⾞種となっていきました。

S13型の後継モデルとして平成5年(1993年)に販売開始されたS14型は、ボディが5ナンバーから3ナンバーへとサイズ変更されたものの、FRレイアウト&ターボエンジン搭載に変更はなく、このモデル以降もアフターパーツメーカーによるパーツ開発は継続されていました。

S13型が中古⾞市場に出まわるようになると、多くの⾛り屋たちは中古のS13型をベース⾞としてチューニングしてスポーツ⾛⾏をするようになり、新型が販売されると⼀代前の型のチューニングが流⾏るといった流れができあがりました。

中古のS13型やS14型をベースとすることで、豊富なパーツからチューニングができることと、ベースが安価に⼊⼿できることなどから、現在でも根強い⼈気が続いています。