株式会社トノックス|神奈川県の特装車工場

  • 会社概要
  • お問合せ
  • 特殊車両
  • 塗装
  • レーザー計測
  • レストア

特装⾞の様々な種類とその役割① | 特殊⾞両ならトノックス

特装⾞(とくそうしゃ)とは、⾃動⾞メーカーが⽣産した⾃動⾞(完成⾞)に対し、特定の⽤途や⽬的の為に部品や装置を取付けたり、ボディやシャシに対して改造を加えられたものを指します。

トノックスでは⽀援⾞や津波対策⾞、消防⾞、⾼速道路パトロールカーなど多種多様な特装⾞を製造していますが、今回は様々な特装⾞の種類とその役割についてご紹介します。


1.緊急⾞ (警察⾞両、消防⾞両、救急⾞、道路管理⾞両)

NTT ドコモの移動電源⾞NTT ドコモの移動電源⾞( Wikipedia より)


緊急⾞両(きんきゅうしゃりょう)とは、緊急の⽤務に際して、道路における優先的な通⾏あるいは道路の優先的利⽤ができるよう指定され、許可されている⾞両のことをいいます。⼈命救助や⽕災対応など、何らかの理由で急を要する業務に利⽤される⾃動⾞です。

⽇本における緊急⾞両には、道路交通法に基づく緊急⾃動⾞(消防⽤⾞両を含む)、⾃衛隊⾞両、災害対策基本法等に基づく緊急通⾏⾞両などがあります。

また、法令に基づき、急を要する業務の⽬的を遂⾏するための特別な⾛⾏を「緊急⾛⾏」といい、⽇本の道路交通法39条、政令(道路交通法施⾏令)に定義されています。

緊急⾛⾏の際は、原則として、道路運送⾞両法第 3 章及びこれに基づく命令の規定等により設けられるサイレンを鳴らし、かつ、⾚⾊の警光灯をつけなければならないとされています(道路交通法施⾏令14条)。

例としては、警察⾞両や消防⾞・救急⾞など、主に市⺠の治安などに供するもの、皇宮警察の⾞両、⾃衛隊の警務⾞両や各⾼速道路株式会社等の道路管理⾞両、都道府県知事の救援活動⽤司令⾞、⽔道事業者の救援⾞なども含まれます。

⺠間であっても電⼒会社やガス会社、鉄道会社、JAFをはじめとするレッカー⾞、電気通信事業者、製薬会社、⽇本放送協会の所有⾞両、病院のドクターカー、⾚⼗字⾎液センターの輸⾎⽤⾎液搬送⾞で緊急⾃動⾞指定を受けているものもあります。

⼀⽅、司法警察職員やこれに準ずる業務を⾏う者が乗務する⾞両であっても、海上保安庁や労働基準監督署、公安調査庁、国税庁、税務署などの⾞両は緊急⾃動⾞の指定対象ではありません。

なお、警備会社のパトロールカーや緊急出動⾞、貴重品輸送⾞などは緊急⾃動⾞の指定が認められません。


2.道路維持作業⾞(道路パトロールカー・路⾯清掃⾞・ショベルローダー⾞)

NEXCO東⽇本の道路パトロールカーNEXCO東⽇本の道路パトロールカー( Wikipedia より)


道路維持作業⾞とは、路⾯清掃⾞、ショベルローダー⾞など、道路交通法交施⾏令第14条の2に定められた、道路を維持もしくは修繕したり、道路標⽰を設置するために必要な構造または措置を有する⾃動⾞で、その⾃動⾞を使⽤する者が公安委員会に届け出たものです。

または、道路の管理者が、道路の損傷箇所を発⾒するために使⽤する⻩⾊ボディライン⼊りの⾃動⾞で、道路管理者の申請に基づき公安委員会が指定したものを指す場合もあります。

いずれも、道路維持作業のため運転中の場合は、右側通⾏の特例、停⽌義務免除の特例、通⾏禁⽌道路通⾏の特例等の、道路交通法上の特例を受けることができます。


3.災害⽀援⾞(⽀援⾞・災害対策⽤⾞両・災害対応多⽬的⾞)

⽀援⾞I 型⽇野・プロフィア -横浜市消防局-⽀援⾞I 型⽇野・プロフィア -横浜市消防局-( Wikipedia より)>


災害⽀援⾞とは、⼤規模災害時に消防資機材を搬送し、消防活動の効率化を図る⽬的のために製造された⾞両です。

災害活動⽀援⾞、津波・⼤規模⾵⽔害対策⾞など様々な特徴・機能を装備した⾞両が製造されています。⾞体幅を変更でき、⾞内に簡易ベッドやシャワールーム等を装備し、広いスペースや装備等を有効に活⽤できるタイプのものや、多数傷病者が発⽣するような災害や⼤規模災害発⽣時に緊急消防援助隊として派遣された隊員の後⽅⽀援活動等に特化した⾞両など、⽤途は多岐にわたります。

阪神・淡路⼤震災を契機に、消防の後⽅⽀援体制の充実を図るために、⼤都市消防を中⼼に配備されてきました。


4.特殊災害対策⾞(除染⾞・偵察⾞・⾼踏破偵察⾞)

特殊災害対策⾞(⼤型)東京消防庁第三⽅⾯本部CS1特殊災害対策⾞(⼤型)東京消防庁第三⽅⾯本部CS1( Wikipedia より)>


HAZ-MAT⾞(hazardous-materialsの略で有害物質対応)や特殊災害対応⾃動⾞、NBC災害対策⾞とも呼ばれ化学物質漏洩災害等いわゆる NBC 災害に対応する消防⾞の⼀種です。

NBC災害とは核(nuclear)、⽣物(biological)、化学物質(chemical)による特殊災害のことを⾔います。
この中には事故からテロリズム、事件まで幅広い事象が含まれます。我が国における核災害では広島・⻑崎の原⼦爆弾投下(1945)から始まり、現在進⾏中の東⽇本⼤震災における福島第⼀原⼦⼒発電所事故まで含まれます。

⽣物災害では O157集団発⽣事件(1996年)や雪印⾷中毒事件(2000年)があげられます。
化学災害に関しては松本サリン事件(1994年)、東京地下鉄サリン事件(1995年)、さらには和歌⼭カレー毒物混⼊事件等、未だに記憶に新しい事件が⾝近に起こっています。
NBC災害では、⼤量被災者が出ることが想定されるため、発⽣する頻度が低いにもかかわらず、⾼度な機能を備えた NBC災害対策⾞が求められます。

⾞両には毒劇物防護服や各種分析機器、除染機器を備えており、当初は「特殊化学⾞」「化学救助⼯作⾞」などと呼ばれていました。近年配備されている特殊災害策⾞の多くは汚染物質の流⼊を防ぐため、空気浄化装置により⾞内を陽圧にできる機能も備えています。

1995年の地下鉄サリン事件以降、各地の消防機関に配備され、特別⾼度救助隊を持つ政令指定都市には配備が義務付けられました。2007年には⼤型ブロアー⾞、ウォーターカッター⾞に続いて⼤規模消防に消防庁からの貸与の形で NBC 災害の被害者に付着した有毒物質の除染を⾏う⼤型除染システム⾞が配備されました。


5.まとめ

いかがでしたでしょうか︖

今回は緊急⾞をはじめとした、⼈命救助や災害対応を⽬的とした特装⾞をご紹介しました。

トノックスは、特装⾞・塗装・計測解析業務・レストア専⾨の製造会社です。
創業以来、知識・経験・技術⼒を積み重ね、⻑い歴史の中で常にお客様の課題解決のために最善の品質を追求していくことを⼤切にしてきました。
それは、私たちの⾞づくりへの姿勢でもあります。

個⼈のお客様の⼀台のご注⽂から、国の⾏政機関・公共団体の⼤⼝のご発注まで多数の受注実績がございます。企画・設計から、製造・整備まですべて⾃社にてまかなえる⼀貫体制が整っています。

当社では昭和23年の創業より働く⾞、特殊⾞両の専⾨メーカーとして創業70周年を超え、多数のノウハウ・実績がございます。詳しい内容をご希望の⽅は、お気軽にトノックスまでお問い合わせください。

ご相談お待ちしております。