株式会社トノックス|神奈川県の特装車工場

  • 会社概要
  • お問合せ
  • 特殊車両
  • 塗装
  • レーザー計測
  • レストア

ADAS(先進運転支援システム)を実現する12の機能① | 特殊車両ならトノックス

1.ADAS(エーダス)とは?


ADAS(先進運転支援システム)を実現するために
ADAS(先進運転支援システム)を実現するために


ADAS(英:Advanced driver-assistance systems)は一般的に「エーダス」と呼ばれ、日本語では「先進運転支援システム」と訳されます。

ADASには、いくつもの機能があり、これらを複合的に車両に実装することで、事故が起きる確率を減らしたり、運転手の運転の負荷を軽減したりすることが可能となっています。
つまり、ADAS(先進運転支援システム)とは、ドライバーの安全・快適を実現するために自動車自体が周囲の情報を把握し、ドライバーに的確にアナウンスや警告を行い、ドライバーに代わって自動車を制御するなどの運転支援のための機能の総称です。

現在、いくつかの機能が車両に採用され導入されてきていますが、ADAS技術は元々、車社会の将来を考え、安全性と利便性を向上させるために開発されたシステムです。様々な技術が開発されているなかで、機能の向上だけでなく普及も大切なミッションとなっています。そのため、センサー選定や処理用チップの価格、搭載位置の選定など様々な要件を成立させる必要があるのです。

また、自動運転の観点からSAE(米国自動車技術会)が定義づけている自動運転のレベルでは、ドライバーが運転タスクを実施するレベル2に位置付けられます。


2.ADAS(先進運転支援システム)を実現する機能1〜6

ADAS(先進運転支援システム)を実現するためには、ACCを始めとしたADASの代表的な機能と、センサー、ECUといったADASを支える機器・技術が欠かせません。例えば、複数のセンサーによるセンシングシステムによって、ADASが車両周辺の状況を把握することで、ドライバーへの警告や運転操作の制御につなげることができています。

1.ACC(英:Adaptive Cruise Control System=アダプティブクルーズコントロール)
ACCとは、外界センサからの情報にもとづいて、ECUが自動車のアクセルやブレーキを操作する機能です。前走車がいる場合は、一定の車間距離を保ちながら追従走行することが出来ます。前走車がいない場合、ドライバーが任意の速度を設定して走行します。現在、量産車両のグレードが高い車両のオプションとしては多く搭載されているADASの代表的な機能です。

2.FCW(英:Forward Collision Warning=前方衝突警告)
FCWとは、センサーが想定する空間(距離)内に前走車を検知し、車間距離が近い、前走者が急ブレーキを踏む、などを感知し衝突の危険性が高まった場合に、ドライバーに警報や回避操作を促す機能です。前方衝突警告は、ミリ波センサや、ステレオカメラなど、様々な種類のセンサーを使うことが出来るため比較的採用されやすい機能です。

3.AEBS(英:Advanced Emergency Braking System=衝突被害軽減制動制御装置)
AEBSとはCA(英:Collision Avoidance=衝突回避)とも呼ばれ、FCW(前方衝突警報)がドライバーに警告し衝突回避を促したにも関わらず、衝突が避けられないとシステムが判断した場合に、自動的にブレーキを動作させ、衝突時の被害を軽減させる機能です。最近では、ブレーキで衝突時の衝撃を少なくするだけでなく、ドライバーへの衝撃(ダメージ)を軽減するため、シートベルトの巻き込みやヘッドレストの構造変更など座席での衝撃軽減対策も行われています。

4.NV/PD(英:Night Vision/Pedestrian Detection=ナイトビジョン/歩行者検知)
ナイトビジョン/歩行者検知は赤外線カメラを使用して、夜間や霧が濃い場合など目視で確認が難しい時に、専用ディスプレイに熱源として表示します。歩行者検知については、ステレオカメラを活用した事例があり、歩行者の検知にはミリ波と単眼カメラを組み合わせた方式があります。

5.TSR(英:Traffic Sign Recognition=交通標識認識)
一時停止、進入禁止、制限速度などの交通標識をカメラが撮影した画像データから認識し、ドライバーに対して適切な交通規制情報を表示、警告を行います。一般的な表示方法として、単眼カメラで道路標識を認識し、適切なタイミングでメーター内に表示し、標識への注意を促します。認識技術の向上のため、各国の標識の走行データ検索や認識の正解データの収集が精度向上に重要な要素となっています。

6.LDW(英:Lane Departure Warning=車線逸脱警報)
道路上の車線を検知し、車両が車線の逸脱を予測するとドライバーに警告をする機能です。カメラで車線を認識し、ウインカー無しに車線を逸脱する挙動があると、ハンドルを振動させる、ディスプレイに表示をする、警報音を鳴らすなどの警告を行います。


4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ADAS(先進運転支援システム)を実現する12の機能①」と題し、ADASの基本的な6つの機能についてご紹介いたしました。

トノックスは、小型から大型まであらゆる特装車を開発・製造しております。その他、計測解析業務・レストアなど、個人のお客様のご相談から、国の行政機関・公共団体のご相談まで幅広く対応、多数の受注実績があり、企画・設計から、製造・整備まですべて自社にてまかなえる一貫体制が整っています。

当社では昭和23年の創業より働く車、特殊車両の専門メーカーとして創業70周年を超え、多数のノウハウ・実績がございます。詳しい内容をご希望の方は、お気軽にトノックスまでお問い合わせください。
ご相談お待ちしております。