株式会社トノックス|神奈川県の特装車工場

  • 会社概要
  • お問合せ
  • 特殊車両
  • 塗装
  • レーザー計測
  • レストア

多⽬的作業⾞ 〜効率的に⾏われる様々な作業③〜 | 特殊車両なら トノックス

※ウニモグはグループ会社ワイ・エンジニアリング(株)が日本国内代理店となっております

ウニモグは、1台で複数の作業を同時にできるのが、最⼤の特徴です。
また、アタッチメントを変えることで、1台のウニモグで様々な作業をこなせるのが特徴です。

1.多⽬的作業⾞の草刈り作業


道路沿いの草刈り作業

様々な種類のアタッチメントを使い分けて、ガードレールの下や道路の外側など、地形に合わせた作業ができるのも、ウニモグの特徴と⾔えます。
複数のアタッチメントをつけて同時に操作することで、「草を刈る」「刈った草を集める」「枝を細かく砕く」などの作業を、⼀度に効率的に⾏うことができます。

線路沿いの草刈り作業

ウニモグは、線路の上を進みながら、線路脇の草刈り作業を⾏うこともできます。
センサー付きの草刈ヘッドを⽤いることで、線路沿いの盛⼟や切⼟、ポールや構造物の点在する芝⽣⾯など、⾃在に地形に合わせた草刈を⾏うことが可能なのです。
ウニモグは、油圧昇降式の軌道⾛⾏⽤ガイドローラーを装着することにより道路上の⾛⾏はもちろん、線路上にその活動範囲を拡げることができるのです。。

U400 軌陸車U400 軌陸車( Wikipedia より)


2.軌陸⾞として活躍する多⽬的作業⾞



ウニモグに軌陸装置をつけることで、線路上と道路を⾃由に⾏き来する「軌陸⾞」となります。⾞両の牽引や軌道の検査、線路脇の草刈りなど様々な作業をこなします。
東北・北陸・九州・北海道新幹線の建設⼯事には、ウニモグの軌陸⾞が活躍しましたし、列⾞が脱線した際には、復旧作業を⾏う、油圧ジャッキを搭載した臨時休園⾞が活躍します。

3.軌陸⾞の様々な種類


狭軌⽤ウニモグ軌陸⾞

ドイツ・ザグロ社製の軌道⾛⾏⽤ガイドローラーを装着した軌陸⾞です。⾼所作業⾞には油圧モーター駆動式トランスミッション(HST)を装備します。

標準軌⽤ウニモグ軌陸⾞。

ドイツ ツバイベグ社製の軌道⾛⾏⽤ガイドローラーを装着した軌陸⾞です。タイヤがレールに直接駆動⼒を伝えるため、優れたけん引⼒を発揮します。また、2台をシンクロさせることにより2倍のけん引⼒を発揮することができます。(重連仕様⾞)

ラドッグ軌陸⾞

油圧モーター式トランスミッションを搭載したコンパクトな⾞輌をベースにした軌陸⾞です。狭軌レールへ⾞輌のタイヤ駆動⼒が直接伝わる為、⼩型ながら優れたけん引⼒を発揮します。

4.まとめ


ウニモグ(UNIMOG)はドイツ語の「UNIversal-MOtor-Gerät」の頭⽂字をとっており、ダイムラー社による英訳では「universally applicable motorized machine(農業⽤のエンジン付き多⽬的作業機械)」と記されます。
元は農業⽤多⽬的トラックとして誕⽣しました。

現代においては⾮常に様々なニーズに対応した商⽤トラックとしての発展を遂げているばかりでなく、災害対策⾞としても堅い信頼を得ています。

トノックスは多⽬的作業トラックの製造も⾏っている、特装⾞・架装⾞・レストア専⾨の製造会社です。個⼈のお客様の⼀台のご注⽂から、国の⾏政機関・公共団体の⼤⼝のご発注まで多数の受注実績がございます。企画・設計から、製造・整備まですべて⾃社にてまかなえる⼀貫体制が整っています。

トノックスでは昭和23年の創業より働く⾞、特殊⾞両の専⾨メーカーとして創業70周年を超え、多数のノウハウ・実績がございます。詳しい内容は、架装⾞・計測解析業務・塗装・特殊⾞両製造・レストアのトノックスにお問い合わせください。

お気軽にご相談お待ちしております。