株式会社トノックス|神奈川県の特装車工場

  • 会社概要
  • お問合せ
  • 特殊車両
  • 塗装
  • レーザー計測
  • レストア

多⽬的作業⾞ 〜効率的に⾏われる様々な作業②〜 | 特殊車両なら トノックス

※ウニモグはグループ会社ワイ・エンジニアリング(株)が日本国内代理店となっております

ウニモグは、1台で複数の作業を同時にできるのが、最⼤の特徴です。
また、アタッチメントを変えることで、1台のウニモグで様々な作業をこなせるのが特徴です。

1.多⽬的作業⾞の清掃作業



道路やトンネル、ガードレールなどの道路の設備をきれいにするのも、ウニモグは得意です。
⾼圧洗浄⽔による路⾯や配⽔管、トンネル壁⾯などを清掃します。真空式スイーパー、集塵コンテナ付きロードスイーパーなどを駆使し、溶液タンクや集塵コンテナなども搭載しおり、1台で様々な作業が可能です。道路上でも軌道上でも、1⼈のオペレーターだけで効率よく作業を⾏うことができます。

U400 トンネル壁⾯洗浄⾞U400 トンネル壁⾯洗浄⾞( Wikipedia より)


2.多⽬的作業⾞の整地作業



競⾺場においてもウニモグは活躍しています。
ダートをならす「ハロー」という横幅4m〜6mの鉄の⽖がついた巨⼤な熊⼿のような器具を⾞体につけて牽引します。 ダートコース全⾯をならす際には、時速10〜20キロとゆっくりしたペースで、4〜5台のウニモグが並んで⾛⾏します。
広⼤な競⾺場の整地作業に、ウニモグは⽋かせない存在です。

3.多⽬的⾃動⾞の⾼所作業



ウニモグは、専⽤のアタッチメントをつけることで、⾼い場所での作業に利⽤できます。送電線や鉄道設備などの電気や通信設備の整備やメンテナンス、柱を⽴てる作業などを安全に効率的に⾏うことができます。
ライフラインを⽀える建柱、パイプ敷設、⾼所作業、移動通信局など、電⼒・⽔道・通信などのインフラ整備全般・メンテナンス作業には、駆動⼒と安定した作業性を実現できるウニモグが⾮常に重宝されます。
また、ウニモグに油圧昇降式のガイドローラーを装着し、道路・軌道上の両⽅で⾛⾏可能にした軌陸⾞は、線路上を進みながら、鉄道設備の⾼所での点検や修理が可能です。

4.まとめ


ウニモグ(UNIMOG)はドイツ語の「UNIversal-MOtor-Gerät」の頭⽂字をとっており、ダイムラー社による英訳では「universally applicable motorized machine(農業⽤のエンジン付き多⽬的作業機械)」と記されるます。元は農業⽤多⽬的トラックとして誕⽣しました。

現代においては、⾮常に様々なニーズに対応した商⽤トラックとしての発展を遂げているばかりでなく、災害対策⾞としても堅い信頼を得ています。

トノックスは多⽬的作業トラックの製造も⾏っている、特装⾞・架装⾞・レストア専⾨の製造会社です。
個⼈のお客様の⼀台のご注⽂から、国の⾏政機関・公共団体の⼤⼝のご発注まで多数の受注実績がございます。企画・設計から、製造・整備まですべて⾃社にてまかなえる⼀貫体制が整っています。

トノックスでは昭和23年の創業より働く⾞、特殊⾞両の専⾨メーカーとして創業70周年を超え、多数のノウハウ・実績がございます。詳しい内容は、架装⾞・計測解析業務・塗装・特殊⾞両製造・レストアのトノックスにお問い合わせください。

お気軽にご相談お待ちしております。