株式会社トノックス|神奈川県の特装車工場

  • 会社概要
  • お問合せ
  • 特殊車両
  • 塗装
  • レーザー計測
  • レストア

キッチンカービジネスの動向 | 特殊車両ならトノックス

1.キッチンカーとは

キッチンカーとは、出張販売先で温かい飲食が提供できるように調理設備を搭載したトラックのことで、別名「移動販売車」とも呼ばれます。

キッチンカーを利用する事業形態を「移動販売」といい、事業者は自治体などが提供する敷地に出向き、販売営業を行います。
キッチンカー人気の高まりに伴い、新規事業者が参入しやすいように、営業場所の提供に加え、メニューの選定支援、仕込み場所やキッチンカーのレンタルができるワンストップサービスも登場しているようです。


2.コロナによるキッチンカーへの影響

新型コロナ感染症対策で、テイクアウトという販売方法が増加しました。しかし新型コロナウイルスによる行動様式の劇的な変化により、従来の飲食店の立地ではコロナ以前の集客が困難な店舗も出てきました。
テイクアウトによる販売方式だけでは、利用客に店舗まで出向いてもらう必要があり、集客に苦戦する店が増えました。

一方で、キッチンカーによる飲食販売は集客を見込める立地に、店舗が出向いていくスタイルであるため、こうした人流の変化に柔軟に対応できるのが最大の利点です。例えばテレワークが増え、住宅街でのフード販売のニーズが増えていますが、こうした需要にも適応が可能なのです。


3.キッチンカーに関わる法規制

キッチンカーは、食品衛生法に基づいて自治体がそれぞれ条例などで、その営業について管理・規制しています。自治体ごとに条例が異なるため、広域営業の妨げとなる不合理な「ご当地規制」などが存在し、一部の批判もありました。

厚生労働省により、2021年6月1日より改正・食品衛生法が施行され、それに合わせた省令では全国の自治体が共通の目安とすべき「参酌基準」を示し、留意点を通知するなど一部改善の動きが見られています。

食品衛生法の改正により、併せて全国の保健所で管轄している営業許可のルールも変更されるため、キッチンカーの営業にも大きく影響することになります。


コロナによるキッチンカーへの影響コロナによるキッチンカーへの影響


4.衛生管理方法の国際化

法改正の目的の一つに、衛生管理方法の国際化があります。

これは具体的にはHACCP(ハサップ、英:Hazard Analysis and Critical Control Point)のことを指し、HACCPとは食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。


5.キッチンカー営業の変更点

自動車による営業許可、いわゆるキッチンカーで取得する営業許可はこれまで、飲食店営業・菓子製造業・喫茶店営業の3種類が中心でした。
改正・食品衛生法以降は、キッチンカーで菓子製造業・喫茶店営業の区分がなくなり、飲食店営業に一本化されます。

喫茶営業は、調理しない料理と、お酒以外の飲み物を提供する営業許可のことですが、喫茶店営業のキッチンカーは申請頻度が少ない傾向がありました。
菓子製造業・喫茶店営業の区別がなくなるのは自動車営業に関してのみです。固定施設による菓子製造業はなくなりません。

改正・食品衛生法の施行後は、飲食店営業・菓子製造業・喫茶店営業がすべて飲食店営業にまとめられることになりますが、現行の菓子製造業(自動車)も、営業許可の基準がやや緩和される傾向だと言われています。

これまで、キッチンカーの出店は都道府県をまたぐことも多く、自分の営業したい都道府県すべての設備基準を満たす必要がありました。しかし、この設備基準は隣接する都道府県でも大きく異ることがあり、また営業許可申請書類もそれぞれ違うため、営業許可を取得するまでに非常に煩雑なものとなっているのが問題視されていました。

今後は、全国で統一の基準になります。食品衛生法改正の目的のひとつとして、全国的に異なっていた設備基準の統一を図ることがあり、都道府県ごとに存在していた設備基準の違いが解消されていきます。

設備基準の統一とともに、普通自動車、軽自動車の違いによる設備基準も統一となるため、軽自動車のメリット・デメリット、普通自動車のメリット・デメリットも平均化されていくことが予想されます。例えば、神奈川県では軽自動車は1品目しか提供ができませんでしたが、40ℓ以上の給排水タンクを搭載するだけで営業許可が取得でき、普通車は200ℓの給排水タンクを搭載することで複数品目を提供することができるといった違いです。

改正食品衛生法の施行後は、普通自動車と軽自動車による設備要件の違いが解消されていきます。