株式会社トノックス|神奈川県の特装車工場

  • 会社概要
  • お問合せ
  • 特殊車両
  • 塗装
  • レーザー計測
  • レストア

四輪駆動⾞と「⾼機動型」ウニモグの駆動 | 特殊車両なら トノックス

※ウニモグはグループ会社ワイ・エンジニアリング(株)が日本国内代理店となっております

1.四輪駆動⾞とは︖



四輪の⾃動⾞は、駆動⽅式によって、2輪駆動⾞と4輪駆動⾞に分けられ、それぞれに特徴があります。
4輪駆動⾞は通称「4WD(ヨンダブルディー)」「AWD(エーダブリュビー)」「4×4(フォーバイフォー)」などとも呼ばれます。

2.2輪駆動⾞と4輪駆動⾞



⾃動⾞は、エンジンの回転を⾞輪に伝えることで⾛⾏(駆動)しますが、その⽅式には幾つか種類があります。4輪の⾃動⾞には、2輪だけ駆動する2輪駆動⾞と、4輪がすべて駆動する4輪駆動⾞があります。

4輪駆動⾞なら、エンジンの駆動⼒をすべてのタイヤで路⾯に伝えられるので、パワフルな⾛⾏が出来ます。⾼機動型のウニモグは、デフロックという仕組みによって、4輪のうち⼀つでも地⾯に接していれば、⾛⾏可能という機能を有しています。

デフロックとは、デファレンシャルロック(Differential Lock)の略で、左右のタイヤの回転差を固定する機構をいいます。

⽇本の軽トラック、特装ダンプ⾞、農業向けグレードに散⾒されるデフロック装着⽇本の軽トラック、特装ダンプ⾞、農業向けグレードに散⾒されるデフロック装着
Wikipedia より)


デフロックには、駆動輪の⾞軸(アクスル)の差動装置を固定する「アクスルデフロック」と、四輪駆動(4WD)や全輪駆動(AWD)の⼀部に⽤いられている、前後軸の回転速度の差を吸収する差動装置センターデフを固定する「センターデフロック」の2種類があります。

普通の⾞には、デフにロック機構を持たない「オープンデフ」が搭載されますが、オープンデフは雪上や沼地などの悪条件の路⾯にて、駆動輪のひとつでも空転してしまうと、他のタイヤに駆動⼒が伝わらなくなり、動けなくなってしまいます。

「デフロック」なら、タイヤの空転を防ぎ、悪路脱出の可能性を向上することが可能です。そのように⼤変機能的に優れた機構がデフロックです。


3.「⾼機動型」ウニモグの駆動



「⾼機動型」ウニモグは2輪駆動と4輪駆動を⾃由に切り替えることができます。
舗装された⼀般道路を⾛るときは2輪駆動に、悪路を⾛るときには4輪駆動に切り替えることで、あらゆる道路を適切に⾛⾏できます。
また、ウニモグは⾼さ46㎝までの障害物なら、乗り越えて⾛⾏を続けることも可能
です。
舗装路では2WDが基本ですが、⾃動的に切り替えるタイプと⼿動で切り替えるタイプがあり、ドライバーの意思で4WDにできることは、⾛⾏安定性を求めるときにも役⽴ちます。
横⾵の強い⾼速道路などでは4WD に切り替えることで安定感が増すという効果もあります。


4.まとめ


ウニモグ(UNIMOG)はドイツ語の「UNIversal-MOtor-Gerät」の頭⽂字をとっており、ダイムラー社による英訳では「universally applicable motorized machine(農業⽤のエンジン付き多⽬的作業機械)」と記されます。

元は農業⽤多⽬的トラックとして誕⽣しましたが、現代においては⾮常に様々なニーズに対応した商⽤トラックとしての発展を遂げているばかりでなく、災害対策⾞としても堅い信頼を得ています。

トノックスは多⽬的作業トラックの製造も⾏っている、特装⾞・架装⾞・レストア専⾨の製造会社です。個⼈のお客様の⼀台のご注⽂から、国の⾏政機関・公共団体の⼤⼝のご発注まで多数の受注実績がございます。企画・設計から、製造・整備まですべて⾃社にてまかなえる⼀貫体制が整っています。

トノックスでは昭和23年の創業より働く⾞、特殊⾞両の専⾨メーカーとして創業70周年を超え、多数のノウハウ・実績がございます。詳しい内容は、架装⾞・計測解析業務・塗装・特殊⾞両製造・レストアのトノックスにお問い合わせください。

お気軽にご相談お待ちしております。